一太郎ビューア

一太郎ビューア 24.0.1.0

一太郎ファイル、Wordファイル、テキストファイルの閲覧・印刷が可能 ジャストシステム公式の無料ビューワーソフト

完全な説明を見ます

賛成票

  • 一太郎ファイルやWordファイルなどを無料で開くことができる
  • フリーハンドで注釈を入れることができる
  • ポインターや罫線の表示が可能
  • 印刷方法を6パターンから選べる

反対票

  • 書き込んだ注釈は保存できない
  • ファイルを編集できない

とても良い
8

一太郎ビューアは、一太郎ファイルやWordファイルなどの文書を開いて印刷できる無料ビューワーソフトです。これらの文書ファイルは本来、一太郎シリーズ(一太郎 2011  創など)やMicrosoft Word(マイクロソフトワード)などの対応ワープロソフトがないと開けませんが、一太郎ビューアがあれば無料で軽快に開けます。またWordファイル専用のWordビューワーよりも機能が多いところも魅力です。開けない一太郎ファイルやWordファイルがあったらまず試してみたい無料ソフトです。

一太郎ビューアをで開けるのは一太郎ファイル、一太郎の圧縮ファイル、Wordファイル、テキスト(リッチテキスト)ファイル、OpenDocumentファイル、Lotusファイル、XMLテンプレートクリエーターファイルです。電子署名つきのセキュリティ文書も適正な証明書があれば開けます。開いたドキュメントはそのまま閲覧できるほか、拡大表示、テキストの選択とコピー、印刷などが可能です。印刷時には、通常印刷だけでなく拡大/縮小印刷、ポスター(分割)印刷、冊子印刷など6種類の印刷方法から選べます。

一太郎ビューアでは、文書をフルスクリーン表示(スライド表示)にしてフリーハンドでペンの注釈を入れたり、罫線を表示させることもできます。また赤矢印などのポインターを表示させられるので、会議で文書の内容を説明するときや大きなスクリーンで複数の人に文書を見せたいときなどにも便利です。ただし挿入した注釈は保存できず、文書に変更を加えることはできません。文章そのものを編集するには作成元のワープロソフト(一太郎、Word)が必要です。

ジャストシステムのビューアソフトには他にもグラフィック専用の花子ビューアやスライド専用のJUST Slideビューアがあります。また一太郎ファイルやWordファイルは無料オフィススイートのOpenoffice.orgLibreofficeでも開くことができます。ただし一太郎ファイルの場合は拡張機能の導入が必要なので一太郎ビューアの方が簡単です。

一太郎ビューアは、単体で一太郎ファイル、Wordファイル、テキストファイルを開いて印刷ができる無料ソフトです。

一太郎ビューア

ダウンロード

一太郎ビューア 24.0.1.0